鏡台の処分方法は?処分費用も紹介

新年度になり心機一転、引っ越しや荷物整理を行い不用品の処理に困る場合があるかもしれません。
今回は鏡台の捨て方が分からない方や鏡台などの鏡を処分する際に縁起などが気になる方必見です。
鏡台の複数の処分方法と鏡を処分する際の縁起についてなどをくわしくご紹介します。
心機一転スッキリとした気持ちで新年度も頑張っていきましょう。

目次

鏡台(ドレッサー)の処分方法

鏡台は複数の素材でできている場合が多く、かなり大きいので処分したい場合どのようにすればいいか困っている方はいませんか?
家に置いておくにしても邪魔なので、できれば早く処分したい方のために6つの方法についてご紹介します。

  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 家具店の引き取りサービスを利用
  • リサイクルショップに持ち込む
  • フリマアプリに出品する
  • 友人に譲る
  • <不用品回収業者に依頼/li>

鏡台の状態などを鑑みて、最適な方法を選んでくださいね。

粗大ゴミとして捨てる

最も多いのは地方自治体の粗大ゴミとして捨てる方法です。
多くの場合粗大ゴミとは1辺30cm以上のゴミや不用品を指しています。
自治体によっては指定のゴミ袋(45L)に入らないものを粗大ゴミとして扱っている場合もあります。
あなたが住んでいる自治体はどうなっているのか、必ず確認しておきましょう。
粗大ゴミを出すためには4つの手順があります。

  1. 自治体のホームページから粗大ゴミ受付センターにインターネットで申し込む(電話でも可)
  2. コンビニなどで粗大ゴミ処理券を必要な処理費用分購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に必要事項を記入し鏡台に貼り付ける
  4. あらかじめ指定された収集日に収集場所へ出す

鏡台を処理するための処理費用は自治体などによって異なります。
粗大ゴミセンターに申し込む際に必ずチェックしておきましょう。
目安ですが、500〜1,000円程度が多いようです。

家具店の引き取りサービスを利用

ニトリなどの大手家具店は、家具の引き取りサービスを行っている場合があるので利用してみましょう。
粗大ゴミは自分で収集場所へ運ばなくてはいけないため、鏡台が大きい場合や何らかの理由で運べない場合は回収してもらえません。

しかし、家具店の引き取りサービスを利用すると自宅内に置いておけば回収してくれるので、自分で運ぶ手間がありません。
ただし、家具店の引き取りサービスを利用するためには回収して欲しい家具(今回は鏡台)と同等の商品を購入・配送依頼をする必要があります。

店舗によっては商品さえ購入・配送依頼をすれば引き取りサービスを利用できる場合もありますので、一度家具店に聞いてみましょう。
また、家具の引き取りサービスを利用するためには一つの家具あたり、約3,000円+消費税がかかる場合が多いです。

リサイクルショップに持ち込む

状態がきれいな鏡台であれば、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらいましょう。
リサイクルショップで買い取ってもらうためには以下の3つの点に注意してください。

  • 見た目や引き出しの中身などきれいな状態
  • 傷や汚れがあれば拭き取りや修繕を行っておく
  • 鏡台本体と椅子などすべてセットで売却する

ただし、鏡台などの鏡製品はのちほどくわしくご紹介しますが縁起などの面から中古品での購入を避ける方が多いです。

売れにくいといった理由から、きれいな状態であっても買い取りを断られたり、買い取ってもらってもかなり安値だったりする場合があります。
査定に出すだけも可能なので、気になるのであれば一度査定に出してみましょう。

フリマアプリに出品する

状態がきれいで、ブランド価値の高い鏡台であればフリマアプリなどに出品する方が自分で値段を決められるので高値で売れる可能性が高いです。

ただし、基本的にフリマアプリは購入してもらうと自分で梱包・発送を行う必要があります。
鏡台の大きさや重さによっては梱包・発送が難しい場合もあります。
フリマアプリに出品する前に、もし購入されたら梱包・発送できるのかきちんと確認しておきましょう。

友人に譲る

もし友人や知人に鏡台を欲しいと言ってくれている方がいれば、状態を確認してもらい問題がなければ譲ってもいいでしょう。

不用品回収業者に依頼

鏡台が大きかったり重かったりして自分では運べない場合粗大ゴミやリサイクルショップ、フリマアプリでは処分できません。
そういった場合には不用品回収業者に依頼すると、自宅に置いておけば回収しに来てくれます。

また、鏡台以外にも処分したい家具があれば一緒に処分してくれます。
それだけではなく、即日対応してくれる場合もあるので急いでいる場合にはかなり助かるでしょう。

【関連記事】

不用品の回収を業者に依頼するメリットとデメリット

不用品回収業者に依頼する際の注意点

即日対応してくれたり、自分では運べない場合でも運んでくれたりと良い点ばかりのように思うかもしれません。
しかし不良品回収業者の中には注意しなくてはいけない業者も存在します。

  • 格安をうたっているのに取り引き後高額費用を請求される
  • 回収したものを不法投棄をしている

片付けゾウでは、優秀なスタッフが責任をもって最後までご対応させて頂きます。

また、訪問からお見積もりまですべて無料です。見積後の追加費用も一切ありませんので、安心してご依頼ください。

処分費用相場

鏡台の処分費用相場はどんな処分方法を選ぶか地方自治体によって変わります。
もし。自治体が行っている粗大ゴミ回収を利用する場合、平均的な費用は600〜800円程度です。
ここで注意すべきなのは、多くの場合鏡台は鏡台本体と椅子がセットになっていると思います。

自治体によっては鏡台と椅子を一つとして回収してくれる場合は600〜800円程度で回収してくれます。
しかし、多くの自治体は鏡台本体と椅子は別とされる場合が多いためそれぞれに粗大ゴミの回収費用がかかるため、金額は倍の1,200〜1,800円です。

具店の引き取りサービスを利用する場合、先程も紹介したとおり一つあたり約3,000円+消費税の引き取り費用がかかります。
こちらも鏡台本体と椅子を一つと数えるか、2つと数えるかは家具店によります。
引き取りサービスを利用する前に必ず確認しておきましょう。

鏡を処分する際に、縁起が気になる場合は

鏡台などがリサイクルショップであまり積極的に買い取りを行っていない理由として、縁起が悪い気がすると買い手があまりつかないといったものがあります。

鏡は昔から念や魂がこもる、霊が入りやすいとされています。
実際にどうかは正直はっきりとは分かりません。
どうしても処分する際に気になるのであれば塩をふって清める、今までの感謝を込めつつ塩水などできれいに拭き上げるのも効果的とされています。
もし、縁起などが気になるのであれば今までの感謝を込めてきれいに掃除をしてから処分しましょう。

鏡台の大きさや重さに合わせた処分方法を

いかがでしたか?
今回は鏡台の処分方法についてご紹介しました。
鏡台の処分には、自治体や不用品回収業者に回収してもらうか、リサイクルショップやフリマアプリに売りに出す方法があります。
ただし、他の商品とは違い鏡製品は縁起などの問題からあまり買い手がつきにくいためリサイクルショップも買い取りを行ってくれない場合もあるので注意です。
縁起が気になるのであれば、処分前に感謝を込めて塩をまいたり、塩水できれいに拭き上げたりするのが効果的とされています。

「不用品回収即日対応の片付けゾウ」でしたら、メールや電話で簡単に予約・見積もりが可能です。不用品が他にもある場合、無料出張見積もりも行っています!自分での不用品処分が面倒でしたら、ぜひ不用品回収即日対応の片付けゾウにご依頼ください。

片付けゾウは全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスと業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

千葉エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる