事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいに伴う不用品回収の方法

「事務所の移転で事務用品を捨てたい。」「事務机書棚、スチールロッカーを処分したい業務用コピー機を処分したい。」
オフィス用品の処分の方法がわからくて困っている
事務所の移転、閉鎖、オフィス店じまいに伴う不用品回収の方法を 最適に行う方法をいくつかご紹介します。
オフィス家具オフィス家電、PC、プロジェクター、音響、空気清浄機、コピー機など事務用品をスムーズに処分したいといった方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいに伴う不用品回収の方法

それでは実際に 事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいの処分方法を3つご紹介します。

  • 産業廃棄物としてゴミ処分する
  • オフィス用品を買取してもらう
  • 不用品回収業者に依頼

オフィス家具、オフィス家電、事務用品を一番メリットがある方法で処分したいですね。
さらに詳しくご案内致します。

産業廃棄物としてゴミ処分する

産業廃棄物としてゴミ処分する方法は、業務用品、業務用エアコンなど、一般廃棄物として処分できない。事務用品、業務用品においては事業に関するゴミを廃棄処分するには産業廃棄物の運搬収集の許認可を持っている業者さんに依頼する。

  1. 産業廃棄物について見積り依頼
  2. 見積書でおおよその金額を確認
  3. 業者さんと回収日を調整する
  4. 廃棄物を回収してもらう

以上のような流れで、
産業廃棄物の収集で廃棄物ゴミ処分をする際には、見積りをしてもらい。回収業者とスケジュールを調整して、自社では処分が難しい廃棄物は専門業者に依頼をおすすめいたします。

事務用品オフィス用品など買取をしてもらう

事務用品、オフィス用品など買取専門店に買取できる事務机、スチールロッカーなど買取可能な。
袖机、両袖机、平机、オフィスデスク・事務机、様々なお取り扱いしております。
デスク周辺用品、チェア・椅子、オフィス収納、
ロッカー、下駄箱、シューズボックス、会議用テーブル、ミーティングテーブル、テーブル、
集中ブース、web会議ブース、パーテーテーション、ローパーテーション、ホワイトボード、金庫・耐火金庫、受付カウンター、受付台、応接・ソファ
ベンチ、オフィス、インテリア、事務機器・家電、
工場・物流、作業現場用品、医療・整体・エステ、
介護福祉用品、家具、児童・教育施設用家具、
文房具、オフィス用品、郵便・梱包用品、店舗用品・販促用品、日用品・雑貨、防災用品・災害用品、パソコン周辺機など、

買取できる物は買取専門の業者へお見積もりをオススメ致します。

お店によって、査定費用、出張費がかかる可能性があるため、事前にチェックしておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいの片付けでフロアマットの回収、間仕切りなど分解取り外し、受付カウンターなど、バラシ解体など、工事作業など行なってくれる会社に依頼することで

事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいの際には
現状回復工事、スケルトン工事まで行なってくれる業者も存在します。産業廃棄物の処分のみ行う会社もありますし。工事や作業も行う業者もあります。見積依頼をする際には何処からどこまでご依頼してお困りごとを解決できのか?

事務用品・事務機器・オフィス用品など

  • 椅子、パーテーション、スチール棚、スチールテーブルなどのオフィス家具
  • 応接セット、応接用テーブルなど
  • パソコン、プリンター、ファックス、コピー機などのOA機器
  • オーディオ、ラジオ、掃除機などの家電

デスク、片袖机、両袖机、平机、脇机、ワゴン、カウンター、ハイカウンターローカウンター、テーブル、スタックテーブル、ミーティングテーブル、折り畳み テーブル、応接セット、アームチェア、オットマン、スツール、センターテーブル、チェア、ローバック肘無、ローバック肘付、ミドルバック肘無、ミドルバッ ク肘付、ガラス引き違い、2段書庫、ケンドン、雑誌架、クリスタルトレー、物品棚、軽量ラック、傘立て、電話台、プリンタ、ユニケース、マガジンラック、 ハイバック肘無、ハイバック肘付、エグゼクティブチェア、ミーティングテーブル、スタッキング、パイプイス、ロッカー、シューズボックス、ワードローブ、 コインロッカー、書庫、2段ラテラル、3段ラテラル、4段ラテラル、5段ラテラル、6段ラテラル、オープン、スチール引き違い、新聞架、観葉植物、フラ ワーボックス、ダストボックス、スモーキングスタンド、ローパーテーション、ホワイトボード、OAボード、行事予定表など

不用品回収業者に依頼した場合、基本的に不用品の運搬は業者がしてくれるので持ち運びにも困ることなく、処分できます。

【関連記事】不用品回収業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいに伴う不用品回収を不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、主に以下の通りです。

  • 大量な不用品でもスピーディーに処理できる
  • 分別作業、運搬なども可能
  • 分解バラシ作業の依頼も可能

プロの専門業者に依頼することで、すべて解決してくれる不用品回収業者に依頼する方法はおすすめです。
さまざまシーンで困った場合は、ぜひこちらの方法を検討してください。

【おすすめ記事】不用品の回収を業者に依頼するメリットとデメリット

塩竈市の不用品回収はこちら

多賀城市の不用品回収はこちら

富谷市の不用品回収はこちら

事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいに伴う不用品回収に合った処分方法を押さえておこう

いかがでしたでしょうか。
今回は、事務所の移転、事務所閉鎖、オフィス店じまいに伴う不用品回収の処分方法について解説しました。
フロアマットの撤去。重い物の運搬作業、分解などの作業など、すべての処分がワンストップで回収処分できる業者へ依頼したほうが早いケースもあります。

また、商品の状態が良ければ、買取専門業者を利用したり。
お困りごとを解決できるように。

ご自身のライフスタイル、ご自分に合った処分方法を使用するようにしましょう。

「不用品回収即日対応の片付けゾウ」でしたら、メールや電話で簡単に予約・見積もりが可能です。不用品が他にもある場合、無料出張見積もりも行っています!自分での不用品処分が面倒でしたら、ぜひ不用品回収即日対応の片付けゾウにご依頼ください。

片付けゾウは全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスと業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

千葉エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる