自転車の処分方法と不用品回収として処分するメリット・デメリット

あなたの自宅に子どもが成長して乗れなくなってしまった自転車や、古くなり壊れてしまった自転車はありませんか?
もう乗らないけど、処分方法が分からず困っている方必見です。
今回は自転車を不用品回収として処分する方法やメリット・デメリットをくわしくご紹介します。
あなたが処分したい自転車の状態などを加味して最適な処分方法を検討してください。

目次

自転車の処分方法

それでは自転車の処分方法について、6つご紹介します。

  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 自転車販売店に処分を依頼する
  • 自転車買い替えの時に引き取りサービスを利用
  • フリマアプリに出品する
  • 知人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

自治体や店舗などによって回収の有無やルールに違いがあります。
回収してもらう前には必ず、自治体や店舗のルールを再確認しておきましょう。

また、もう乗らない自転車を放置し続けるのはできるだけ避けるようにしてください。
一戸建て住宅の敷地内にもう使わない自転車を放置してもとくに問題ありません。
しかし賃貸アパートやマンションなど多くの方が共同で使う駐輪所に自転車を置いている場合、使わない自転車を放置していると住民トラブルに発展する可能性があります。
賃貸アパートやマンションの景観にも繋がるため、使わない自転車はできるだけ速やかに処分するといいでしょう。

粗大ゴミとして捨てる

もっとも多くの方が選ぶのがこの粗大ゴミとして捨てる方法でしょう。
どんなものが粗大ゴミに該当するかは、自治体の定めるルールによって変わりますが、自転車はほぼすべての自治体で粗大ゴミに該当します。
自転車が何インチかによって処分費用は変動します。

  • 16インチ未満の自転車⇒400円程度
  • 16インチ以上の自転車⇒800円程度

このような費用設定を行っている自治体が多く、高くても1,000円程度で処分できます。
粗大ゴミとして自転車を処分する手順は以下の4つです。

  1. 自治体のホームページなどから粗大受付センターへ申し込みを行う(処分したい自転車のインチ数を正確に伝える)
  2. コンビニなどでゴミ処理券を処理費用分購入する
  3. ゴミ処理券に必要事項を記入する
  4. ゴミ処理券を自転車に貼り付け指定日の指定された場所に自転車を置く

正確な処理費用や粗大ゴミとして出す手順については、あなたの住んでいる自治体に問い合わせてみましょう。

粗大ゴミとして捨てるメリットデメリット

粗大ゴミとして捨てるメリット2つ、デメリット2つをご紹介します。

  • ボロボロや壊れていても回収してくれる
  • 処分費用が比較的安い

こちらが粗大ゴミとして処分するメリットです。
粗大ゴミは、当然ゴミとして回収されるので、ボロボロでもう乗れないような自転車でも回収して処分してくれます。
また、費用も高くて1,000円程度なので比較的安い処理費用で済みます。

  • 自転車の処分に時間がかかる
  • 良い状態の自転車でもお金にならない

こちらが粗大ゴミとして処分するデメリットです。
粗大ゴミの回収を依頼してから実際に引き取りに来てくれるまでに、2〜3週間ほどかかる場合があります。
これより早い場合も、遅い場合もありますが、引っ越しなどがあり今すぐ処分したいと思っても処分できません。

また、状態が良いブランドものの自転車でも粗大ゴミとして出す限り、処理費用を払いゴミとして処分されてしまいます。
状態が良いブランド品の自転車であれば、粗大ゴミではなくフリマアプリや知人に譲るなどの方法を検討すると良いでしょう。

自転車販売店に処分を依頼する

多くの自転車販売店は使わなくなった自転車を引き取ってくれます。
新しい自転車を購入しない場合でも引き取ってもらえる店舗もあるので、あなたの自宅の周りにそういった店舗があるか調べてみましょう。

大手チェーン店に持ち込む場合は、自転車の状態や処分して欲しい旨を事前に連絡する必要があります。
防犯登録抹消費用として無償の場合や1,000円程度かかる場合があります。
自転車販売店に処分を依頼する場合は、基本的に持ち込みとなるので、壊れている場合は持ち込み大変です。
自転車販売店まで運べない場合は、自転車販売店に処分を依頼するのは少し難しいかもしれません。

自転車買い替え時に引き取りサービスを利用

自転車販売店の中には、新しい自転車との買い替え時の引き取りサービスを行っています。
さきほどご紹介した、自転車販売店に処分を依頼する場合とは違い、新しく購入した自転車を自宅配送にしてもらったらその際に古い自転車を回収してくれます。

春先など多くの方が自転車を買い替えるシーズンになると、店舗も「無料回収キャンペーン」などを開催している場合もあるので、ぜひチェックしてしましょう。
引き取り費用がかかる場合でも数百円〜1,000円程度で回収してくれます。
新しい自転車を購入する際に、回収して欲しい自転車があると伝えておきましょう。

フリマアプリに出品する

処分したい自転車をフリマアプリに出品する方法もあります。
状態の良い自転車やブランド品であれば、自分で値段も決められるため比較的高値で購入してもらえる場合があります。
とくに電動自転車などは購入希望者が多く、買い手がつきやすいです。

フリマアプリに出品するメリットデメリット

フリマアプリに出品するには、メリットやデメリットがあります。
フリマアプリに出品するメリットは主に2つあります。

  • 高値で買い取ってもらえる可能性がある
  • まだ使える自転車を使ってもらえる

自転車を処分する際には処理費用が必要になります。
しかし、フリマアプリで買い手がつくと収入になります。
それだけではなく、まだ使える状態のいい自転車を捨てるのではなく、誰かに使ってもらえるので無駄になりません。
ただし、デメリットも当然あります。

  • 梱包・郵送を自分でしなければいけない
  • 防犯登録の抹消が必要

折りたたみ自転車などであれば梱包・郵送できるかもしれませんが、普通の大人が乗るサイズの自転車であれば、素人が梱包・郵送を行うのはかなり難しいでしょう。
購入者に自転車を取りに来てもらう方法もありますが、自転車が乗せられる車があるのかどうかも問題になります。

フリマアプリで出品自体はできますが、購入が決まってからどうするのかをしっかりと考えてから出品を行いましょう。
また、処理するのではなく使用者が変わり、使い続けるのであれば防犯登録の抹消は必ず必要です。
防犯登録の抹消を行わなかった場合、取り引き終了後トラブルに巻き込まれる可能性があります。
最後に防犯登録抹消についていてくわしくご紹介しているので必ず併せてご覧ください。

知人に譲る

もし、状態がよく譲って欲しい知人がいるのであれば、譲るといった選択肢もあります。
きれいな状態のブランド品はもちろん喜ばれますが、それは大人用の自転車に限る可能性があります。
とくに子ども用の自転車などは使用できる期間が短く、コケてしまう可能性も多々あるため多少ボロボロでも練習用として求める方も多いです。

状態が良いものばかりが求められる訳ではありませんが、自転車を譲って欲しい方がいれば状態などをしっかりと確認してもらい、納得したうえで譲りましょう。
傷があれば隠さずに、伝えると譲ったあとのトラブル防止にも繋がります。
また、フリマアプリ同様自転車を処分するのではなく、使用者が変わる場合は必ず防犯登録抹消を行いましょう。

不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介するのは、不用品回収業者に依頼する方法です。
不用品回収業者に回収を依頼をするメリット・デメリットをそれぞれくわしくご紹介します。

不用品回収業者に依頼するメリットデメリット

自転車を不用品回収業者に依頼するメリットは大きく4つあります。

  • 早ければ即日回収に来てくれる
  • 自宅まで回収しに来てくれる
  • 大体どの地域でも回収可能
  • 自転車が汚いや壊れているといった理由で回収を断られない

引っ越しなどの日時が迫っており、できるだけ早く処分したいのであれば不用品回収業者がもっとも確実です。
電動自転車などはかなり重量があり、タイヤ部分が壊れていると運ぶのがかなり大変ですが、不用品回収業者は自転車がある場所を伝えれば回収してくれます。
自転車を不用品回収業者に依頼するデメリットは主に2つです。

  • 粗大ゴミなどに出すよりも処理費用がかかる
  • 悪徳業者に依頼してしまう可能性がある

粗大ゴミなどより処理費用がかかるのは、メリットを考えると納得できるのではないでしょうか?
また、悪徳不用品回収業者に依頼してしまわないように、次で不用品回収業者の選び方についてくわしくご紹介します。
不用品回収業者を正しく選び、優良業者に処分を依頼してくださいね。

【おすすめ記事】不用品の回収を業者に依頼するメリットとデメリット

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者の選び方には2つのチェックポイントがあります。

  • 資格
  • 実績

ポイントの1つ目は資格です。
ちゃんとした不用品回収業者は、産業廃棄物収集運搬許可証や古物商許可証を持っているはずなのできちんと確認してください。

ポイント2つ目は実績です。
必ず依頼しようとしている不用品回収業者は安全なのか、ホームページ上に掲載してある実績等も確認しましょう。

不用品回収業者の中には残念ながら注意すべき悪徳業者が存在しています。

  • 格安をうたっていたが取り引き後高額費用を請求される
  • 回収したものを不法投棄をしている

今回ご紹介したような2つのチェックポイントをしっかりと確認し、このような悪徳業者に引っかからないでくださいね。

【関連記事】不用品回収業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

自転車を処分する前は必ず防犯登録の抹消

持っている自転車を処分する、とくにフリマアプリで販売する場合や知人に譲り使用者が変わる際には必ず防犯登録の抹消を行いましょう。
防犯登録とは、ほとんどの自転車が購入と同時に登録するものであり、防犯登録には自転車の車体番号と購入者の情報が登録されています。
自転車が盗まれたり、紛失したりした場合はこの防犯登録の情報をもとに捜索や放置された自転車の所持者が特定されます。

もし、防犯登録をそのままにして処分したり、誰かに譲ったりした場合思いもしないトラブルになる可能性が高いです。
もとの自転車の持ち主が正式に譲ったとしても譲ってもらった方が自転車の窃盗犯としての容疑がかけられる可能性があります。
こういったトラブルにならないためにも、必ず防犯登録の抹消が必要です。
防犯登録の抹消は自転車を販売している販売店であればどこでも可能です。

  • 身分証明書
  • 防犯登録カード
  • 自転車

基本的にこの三つがあれば、防犯登録の抹消ができます。
引っ越しなどを行い、防犯登録をしている住所と違う場合、一度防犯登録センターに電話して手続きについて聞いてみましょう。

自転車の処分の際は防犯登録の抹消を忘れずに

いかがでしたか?
今回は自転車の処理方法についてくわしくご紹介しました。
自転車の処理方法は複数ありますが、どの方法を選んだとしてものちのトラブルを避けるためにも防犯登録の抹消は忘れないようにしてください。
防犯登録抹消の方法は、自転車を販売している販売店であれば対応してもらえます。
ぜひ処分する際には、防犯登録を抹消してからご紹介した中で自分にもっともあっている処分方法を選んでください。

「不用品回収即日対応の片付けゾウ」でしたら、メールや電話で簡単に予約・見積もりが可能です。不用品が他にもある場合、無料出張見積もりも行っています!自分での不用品処分が面倒でしたら、ぜひ不用品回収即日対応の片付けゾウにご依頼ください。

片付けゾウは全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスと業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

千葉エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる