ブラウン管テレビの処分方法6選

液晶 テレビが普及して久しいですが、ご家庭のなかには、いまだに古いブラウン管テレビが家のどこかで眠っているなんてケースもあるのではないでしょうか。しかし、今後、ブラウン管テレビが復活することはないでしょうし、いつまでも持っていても場所を取るだけでよいことは何もありません。

しかし、今のテレビと比べてかなり重たいブラウン管テレビですから、処分するといっても動かすのも一苦労です。しかも、法律のこともあるため、運び出せたとしてもその辺に捨てるわけにもいきません。捨て方にお悩みの方は少なくないでしょう。

そこで、ブラウン管テレビの処分方法にお困りの方のために、正しい処分方法をお伝えするとともに、こんなケースでは不用品回収業者がおすすめという例をご紹介します。

目次

ブラウン管テレビは自治体では回収できない

昔はブラウン管テレビも粗大ごみとしてふつうに捨てることができました。しかし、今では家電リサイクル法という法律ができたこともあり、ごみとして捨てることはできません。昔の感覚で「粗大ごみで捨てればよいだろう」と道端に放置すると、罰金を科されるなどの処罰を受けることになってしまいます。

なお、ブラウン管にもテレビ用とパソコンのモニター用で種類が分かれており、処分の方法も違っています。ここではチューナー付きのテレビ番組を見ることができるブラウン管テレビの処分についてお伝えしていきますので、パソコン用モニターと混同しないよう注意してください。

ブラウン管テレビの処分方法

家電リサイクル法に正しく従うなら、2種類の方法がブラウン管テレビを処分する際に考えられます。先にその2つの方法を見つつ、それ以外の処分方法について考えてみましょう。

指定引取所に持ち込む

一つは、市区町村が定める指定引取所に持ち込む方法です。どこの自治体でもそこが定める引取所があるはずですから、役場の窓口やホームページなどで確認してみてください。もしくは、一般財団法人「家電製品協会」のホームページでも確認できます。

引取所の場所が確認できたら、直接引取所に連絡します。事前に都合の良い日時を確認し予約の電話を入れてみましょう。無事予約できたら、その日時にブラウン管テレビを持ち込みます。その際に家電リサイクル料金が必要になるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

家電量販店で回収

もう一つの方法は、家電量販店等で回収してもらう方法です。処分したいブラウン管テレビを購入した店舗がわかっている場合は、その店舗に連絡してみましょう。量販店によっては、自分のところで購入したテレビ以外は受け付けていないこともあります。いずれにせよ事前の確認が必須です。

上で述べた指定取引所の場合と同じく、自ら持ち込んで処分してもらうなら家電リサイクル料金だけでよいですが、自宅まで引き取りに来てもらうには別途運送料などの費用がかかることがあります。

フリマアプリに出品する

上記のいずれの方法も、ブラウン管テレビを処分するのにお金がかかります。もしお金をかけたくない、むしろ、テレビを売ってお金を儲けたいのであれば、フリマアプリやネットオークションに出品する方法もありです。

ただし、今どきブラウン管テレビを買いたい人はほとんどいませんから、フリマアプリで出品したとしてもなかなか買い手は見つからないでしょう。また、出品や発送などの手続きをやらなければならないので、あまり手間をかけたくない人にもおすすめできません。しかし、状態の良いブラウン管テレビをお持ちなら、数千円程度で売れる可能性はあります。

しかし、フリマアプリやネットオークションの欠点として、処分したい時にすぐに処分できないことが挙げられます。買い手が見つかるまでどのぐらいかかるかも予想できませんので、引っ越しなどの予定が決まっていて、それまでにブラウン管テレビを処分しなければならないようなケースでは最適な方法とは言えません。

友人に譲る

フリマアプリやネットオークションに出品するより、友人など身近にブラウン管テレビを欲しい人がいるなら、その人に譲るのが最もお手軽な方法です。今どきただでもブラウン管テレビをもらってくれる人はなかなかいませんが、そういう奇特な人が身近にいないか、声をかけるぐらいはやってみてもよいでしょう。

リサイクルショップに持ち込む

まだ使えるテレビなら、リサイクルショップに持ち込むという手もあります。状態が良いものなら、たとえブラウン管であってもテレビの買い取りができるところはあるでしょう。

しかし、あるとしても少数であり、買い取れるとしてもそれほど値段は期待できません。いきなり持ち込んで買い取ってほしいと言っても、拒否される場合があります。ですので、事前にショップに連絡して、ブラウン管テレビの買い取りをやっているかどうかの確認は必須です。

不用品回収業者に依頼する

自治体の指定の方法で処分するのは手間がかかりすぎる、また、フリマやリサイクルショップで売れるほど状態の良いブラウン管テレビではない場合、不用品回収業者に回収を依頼するのがベストです。買い取りできるほどの価値がないテレビだと有料での引き取りになりますが、自宅まで都合の良い時に回収に来てくれる魅力があります。

ブラウン管テレビを不用品回収業者に回収してもらう場合の費用ですが、業者によってさまざまです。個別に料金を設定しているところもあれば、トラックの積載量に応じた定額プランとなっているところもあるので、ほかの場合と同様、事前に確認を忘れないようにしましょう。

【関連記事】不用品の回収を業者に依頼するメリットとデメリット

ブラウン管テレビの処分費用

どのような方法で処分するかによっても、ブラウン管テレビの処分費用は異なります。また、テレビのメーカーや大きさ、製造年など個々のスペックによっても変わってくるので、「ブラウン管テレビの処分費用はズバリ〇〇円です」とは言えません。ここでは、家電リサイクル料金からわかる一例を紹介します。

国産テレビについてですが、一般的によく知られるメーカーが製造したブラウン管テレビなら、15型(インチ)以下と16型(インチ)以上で処分にかかる費用が大きく変わります。15型より小さいテレビなら1,700円、16型より大きいテレビなら2,700円です。

ただし、これは主要な国内メーカーのブラウン管テレビに関してであって、それ以外の国内メーカーや海外のテレビについては別です。詳細は実際に処分してもらう引取所や家電量販店等でご確認ください。

また、上記の金額はあくまでリサイクル料金です。自宅に回収に来てもらいたい場合、回収や運搬にかかる費用が別途かかります。

不用品回収業者の利用をお勧めする人

上記のように、ブラウン管テレビの処分方法と一口に言っても、テレビや状況によって適した方法は異なるわけです。そこで、ここからは不用品回収業者を利用するのが適したケースについて詳しく見ていきます。

処分の期限が迫っている場合

たとえば引っ越しなどで、今の家の退去日までに処分しなければならないといったように、ブラウン管テレビを処分しなければならない期限が迫っている場合、不用品回収業者が最も便利です。

自治体指定の回収方法の場合、今日処分したいと思っても、その日に処分できるわけではありません。希望日時の予約を入れて、その日時に指定の場所に持っていくなど何かと手間がかかります。

その点、不用品回収業者なら電話やメールで希望日時を予約するだけで、あとはその日が来るのを待つだけです。約束の日に必要な手はずを整えてトラックで来てくれるので、あなたがやることはとくにありません。対応の早い業者なら即日や翌日などの予約が可能な場合もあります。

テレビ以外に処分したいものがある場合

ブラウン管テレビだけでなく、他にも不要なものが家の中にあるのなら、まとめて不用品回収業者に回収してもらうのがおすすめです。

不用品回収業者では、回収してもらいたい不用品の数にかかわらず、だいたいのものは回収可能です。爆薬などの危険物や注射針などの医療器具は別にして、家庭から出る不用品のほとんどに対応可能な業者は少なくありません。

不用品回収業者に依頼する際の注意点

手間と時間をかけずにブラウン管テレビを処分するのに便利な不用品回収業者ですが、初めてのご依頼なら事前に確認しておきたい注意点がいくつかあります。

【関連記事】不用品回収業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

悪質業者に注意

不用品回収業者に関して、許可なく営業していたり、法外な料金を請求したりといった報告が消費者生活センターなどに寄せられています。依頼したい業者がどんな業者なのか事前にしっかりチェックしておきましょう。

業者をチェックするなら、ホームページを見るのがおすすめです。会社概要、連絡可能な住所や電話番号、過去の実績、わかりやすい料金体系などをチェックしましょう。

また、大切なのが一般廃棄物収集運搬業の許認可証です。加えて、不用品を回収するだけでなくリサイクルする業者なら古物商許可の有無もチェックしておきましょう。

高額な料金を請求する業者に注意

無認可で営業するような悪質な業者でなくても、事前に料金はしっかりチェックしておくべきです。相場があってないような業界ですので、何も知らない一般の方だと思って、お客様が不利になるような料金設定になっている業者がないとは限りません。

少なくとも、作業後に追加料金を請求するような業者は避けたいですので、最初に見積もりを出してくれること、そこで提示された料金がすべてであることを確認しておきましょう。

状況に応じて選びたいブラウン管テレビの処分方法

自治体でごみとして収集されないブラウン管テレビは、基本的には家電リサイクル法に従った方法で費用を払って処分することになります。まだ使える状態の良いものなら、リサイクルショップやフリマなどで売却も可能です。しかし、ブラウン管テレビの需要がない現在、早急に処分したい場合におすすめできません。先の予定が決まっている場合、処分に手間をかけたくない場合などは、不用品回収業者に依頼するのがよいでしょう。

片付けゾウでは、ブラウン管テレビなど処分に手間のかかる不用品の回収を低価格で承っています。ホームページに掲載の料金以外、余計な費用は一切発生しない明朗会計ですので、ブラウン管テレビの捨て方や不用品回収業者選びでお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスとも業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる