解体工事前の不用品回収・粗大ごみ片付け処分方法やメリットを解説

解体前の不用品回収

「家の解体で古いタンスや布団ベッドを捨てたい。」「屋外にある機械や工具、物置を処分したいけど大量にゴミがありすぎて全てを処分する方法が分からない。」
こういった悩みを抱えてる方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそういった悩みを木造戸建て、RC造、マンション、アパート等、全てのに建物を解体前の不用品回収・粗大ごみ片付けの処分方法をいくつかご紹介します。
家具家電、物置倉庫、不動車、農機具、庭木、庭石、ブロック塀など不用品など全ての作業をスムーズに処分したいといった方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

解体前の不用品回収・粗大ごみ片付ける方法

それでは実際に解体前の不用品回収・粗大ごみ片付けの処分方法を3つご紹介します。

  • 一般のゴミの指定日にゴミ処分する
  • 出張買取でリサイクルと買取をしてもらう
  • 不用品回収業者に依頼

店舗や地域によって自分にあった一番メリットがある方法で処分したいですね。
さらに詳しくご案内致します。

一般のゴミの指定日にゴミ処分する

一般のゴミの指定日にゴミ処分する方法は、各都道府県、市町村、行政自治体によって定められているルールがあります。粗大ゴミとして捨てる際、自治体が定めるルール、可燃ごみ、不燃ごみ、空き瓶、空き缶、ペットボトルなど基本的には分別、仕分け、リサイクルをする決まりがあります。
各自治体によって違いはありますが、一般的には粗大ゴミ1袋45リットル、1世帯1家庭。指定日に2袋までの
ようにゴミ袋を指定日に、処分する方法も90リットル程度のゴミの回収処分となっています。
もちろん地域によって異なりますが、基本的には以下の手順で進めます。

  1. 粗大ごみ指定日、可燃ごみ、不燃ごみ、日時を調べる
  2. 可燃物、不燃物、リサイクル家電、市で処分できる物、できない物分別
  3. 粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局などで購入する
  4. 自治体のスタッフが回収してくれる

以上のような流れで、自治体のルールに従い処分の手続きを進めます。
粗大ゴミ処理券の費用は、ゴミの指定日にゴミ袋に入る物はゴミ収集日に出せます。
また、大型の粗大ゴミ、タンス、ベッド、マットレスなど400円~2000円程度でコンビニや郵便局にて。
ゴミ処分をする際に行政に支払うリサイクル券シールなど発行してもらいます。粗大ゴミに直接、目立つ場所に発見されてシールを貼り付けて。指定場所に、指定日に運搬しなければいけません。

出張買取でリサイクルと買取をしてもらう

まだ使用できる家電、5年以内のテレビ、冷蔵庫、洗濯機などリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうことも可能です。
一度持ち込む前に、どんな物が買取してもらえるのか?取り扱いしている品目、内容など。リサイクルショップにお問い合わせしてみましょう!
自宅に運搬する車両がない、わざわざ、リサイクルショップに持ち運ぶのが、煩わしいといった方には、出張買い取りをおすすめします。

お店によって、査定費用、出張費がかかる可能性があるため、事前にチェックしておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

解体前の不用品回収・粗大ごみ片付けで不用品が大量にある。パソコンモニター、マッサージ器、マッサージチェア、楽器、電子ピアノ等、プロ工具、掃除機、加湿器、厨房機器、事務用品、ゲーム機、おもちゃ、コレクタ収集品、スポーツ用品、アンティーク、雑貨、バック、寝具類、自分では処分できないような物、庭石、庭木、レンガ、コンクリート、

不用品回収業者に依頼する方法が良いでしょう。
ガスボンベ・乾電池・農薬・塗料・廃油・マッチ・消化器・バッテリ・ライター・ピアノ・大型金庫・タイヤ・自動車・バイクなど処分困難な物が数多くある場合はなど自分ではどこで処分していいのか分からない状況でも、業者に依頼をすることで一気に処分してくれるので手間が省けます。

液晶テレビ・ブルーレイ、家電製品・デジタル家電、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、パソコン・タブレット、家具、空気清浄機、電子レンジ、デジタル家電、コンポ・AV機器・ホームシアター、買取できる物などプロの専門業者で無ければ対応できない場合は買取もリサイクルもできる。

不用品回収業者に依頼した場合、基本的に不用品の運搬は業者がしてくれるので持ち運びにも困ることなく、処分できます。

【関連記事】不用品回収業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

解体前の不用品回収・粗大ごみ片付けを不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、主に以下の通りです。

  • 大量な不用品でもスピーディーに処理できる
  • 分別作業、運搬、エアコンの取り外しなども可能
  • 庭木伐採、庭石処分、作業工事の依頼も可能
  • リサイクル処理、買取など対応できる業者もある。

プロの専門業者に依頼することで、すべて解決してくれる不用品回収業者に依頼する方法はおすすめです。
さまざまシーンで困った場合は、ぜひこちらの方法を検討してください。

【おすすめ記事】不用品の回収を業者に依頼するメリットとデメリット

塩竈市の不用品回収はこちら

多賀城市の不用品回収はこちら

富谷市の不用品回収はこちら

解体前の不用品回収・粗大ごみ片付けは種類に合った処分方法を押さえておこう

いかがでしたでしょうか。
今回は、解体前の不用品回収・粗大ごみ片付けの処分方法について解説しました。
エアコン取外し。物置の分解ばらし作業、バッテリー処分、タイヤ、不動車、農機具など、一般廃棄物の処分業者では対応できないお品物でも、すべての処分がワンストップで回収処分できる業者へ依頼したほうが早いケースもあります。

また、商品の状態が良ければ、リサイクルショップを利用したり。
出張買取業者にて、家の中丸ごと一括買取、一気に片付けてもらえるように。

ご自身のライフスタイル、ご自分に合った処分方法を使用するようにしましょう。

「不用品回収即日対応の片付けゾウ」でしたら、メールや電話で簡単に予約・見積もりが可能です。不用品が他にもある場合、無料出張見積もりも行っています!自分での不用品処分が面倒でしたら、ぜひ不用品回収即日対応の片付けゾウにご依頼ください。

片付けゾウは全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスと業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

千葉エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる