タンスの処分、お得に安くタンスの処分する方法6選

タンス

タンスの処分にお困りではありませんか?

●引っ越しで古いタンスをこの際に処分したい?
●タンスの取手、収納が壊れたので処分したい。
●プラスチック製の収納タンスが色焼けしたので処分したい。
●ニトリで購入した大きなタンスを処分したい。
●比較的新しいタンスなので買取か無料で引取りしてほしい。

どんな方法が自分には最適な方法なのか?
目安となれば嬉しいです。まずは、目次から気になるタイトルを選んでください。

目次

タンスの処分方法

タンスにも、種類がありますのでお得な処分方法を検討してください。
そもそも困っている状況、当てはまる内容が、このページで解決できれば幸いです。

生活スタイルを考える

  • 家族、世帯あたり4人で生活
  • 一人暮らし女性
  • 高齢者の二人暮らし
  • 夜間仕事しているので朝起きれない
  • エレベーターがない市営住宅の5階に住んでいる
  • メゾネットタイプのアパート、マンションに住んでいる

このように「タンス処分」といっても、人によって(非力で力がでない)高齢者、女性などのケース
ライフスタイルが、夜型で朝に粗大ゴミとしてタンスを出せない。エレベーターの無い5階に住んでいる。人によって様々です。自分にあった6つの処分方法についてくわしくご紹介します。

  • 粗大ゴミ指定日に回収してもらう
  • メーカーに回収してもらう
  • ジモティ等のアプリに出品する
  • リサイクルショップに持ち込む
  • 寄付する
  • 不用品回収業者に依頼する

処分したいタンスの大きさや重さ、生活スタイル、住居の状況を踏まえて、アナタにとって最適な方法をお選びください。

粗大ゴミ指定日に回収してもらう

まずは各区、市町村の粗大ごみの日に回収してもらう方法です。
自治体に回収してもらう場合、粗大ゴミとして処分します。
タンスを小さく分解し、自治体が指定する粗大ゴミ以下(多くの自治体では1辺50cm程度)になれば可燃ゴミとしての処分が可能です。

しかし、大きなタンスは、粗大ごみの指定日に、ゴミ集積場に出すことできます。
コンビニエンスストア、その他、自治体が指定の場所にて「粗大ゴミ処理券」購入してタンスにシールを貼付けることによって自治体が指定する収集日に、タンスを回収してくれます。
ただし、「タンス処分」する際にはご自身で収集場所へ運ばなければいけません。各区、市町村の回収作業員が、家の中まで粗大ゴミを回収しに来てくれません。

粗大ゴミとして出す際には、家の外まで処分したいタンスを運び、指定場所へ運べる体力、力がある方には、向いていると思います。タンスの大きさで「粗大ゴミ処理券」が決まります(400円・800円・1,200円・1,600円、スプリングマットレスは3,000円)お住まいの自治体によって約この程度の金額のようです。


それでは自治体に粗大ゴミとして回収してもらうための流れをご紹介します。

回収の流れ

自治体に粗大ゴミを回収してもらうためには、以下の4つ流れを行ってください。

  1. 自治体のホームページなどから粗大ごみ受付センターへ申し込みを行う(処分したい家具の数や大きさを正確に伝える)
  2. コンビニなどでゴミ処理券を処理する家具の枚数、処理費用分購入する
  3. ゴミ処理券に必要事項を記入する
  4. ゴミ処理券をタンスに貼り付け指定日の指定された場所にタンスを置く

一つのタンスあたりの処理費用は平均で1,000〜2,000円程度で処分できると思います。
粗大ゴミとして指定の方法で自分で処分するのが一番費用は安く済むと思います。

タンスのメーカーに回収してもらう

もしタンスの買い替えを行うのであれば、メーカーに回収してもらう方法があります。
大きなタンスを購入した場合は、その日自分で持ち帰らず後日届けてもらう場合が多いでしょう。
その際に、新しい家具を届けてもらい。処分したいタンスを回収してくれます。
粗大ゴミとして出す場合とは違い、自宅の中にある家具を回収してくれるのでわざわざ運ぶ必要がありません。
ただし、下取りサービスを行っているのか、いくらで回収してくれるのかは店舗やメーカーによります。
回収して欲しいタンスがある場合は、必ず新しいタンスの購入時に相談してみましょう。
それだけではなく、新しい家具を購入してから実際に届くまでは3日〜1週間程度かかる場合があり、今すぐ処分したくてもできません。
時間がかかる場合も想定し、計画的な処分を行いましょう。

ジモティ等のアプリに出品する

処分したいタンスをジモティ等のアプリに出品する方法もあります。
状態の良いタンスや、デザインが良いものは、引取り手が、すぐに見つかる場合があります。

しかし、経年劣化したタンス、桐の箪笥、今どき誰もが欲しがらない。タンスですと無料でも引取る方、
欲しいという人は現れないでしょう、需要があるかどうか、しっかりと考えてから出品を行いましょう。

リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込んだ場合も、処理費用はかからず状態がよくブランド品であればお金になる可能性があります。
リサイクルショップに買い取ってもらうには3つの方法があります。

  • リサイクルショップに持ち込んで査定・買い取りを行う
  • オンライン査定・宅配買い取りを行う
  • 出張査定・買い取りを行う

今回のような大型家具の場合、3つ目の出張査定・買い取りを選ぶと良いでしょう。
ただし、大型家具をリサイクルショップで購入する方が少ないため、取り扱いをしているリサイクルショップも少ない現実があります。
また、その中で出張査定などを行ってくれるリサイクルショップはより少ないです。
そのため、自宅周りにあるリサイクルショップはそもそも大型家具の買い取りをしているのか、出張買い取りを行っているのか、調べてみましょう。

寄付する

タンスの寄付を募っているNPO法人やボランティア支援団体は複数存在しています。
寄付行うと処分するための費用がかからない点や、タンスを必要としている方にも感謝されます。
近くにタンスの寄付を行っているボランティア団体がないか調べてみましょう。
近くにない場合は、発送しなければ行けない場合もあるので注意してください。

不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介するのは、不用品回収業者に依頼する方法です。
不用品回収業者に回収を依頼をすると、粗大ゴミの回収よりもわずかに収集費用は高くなってしまいますがメリットも多くあります。
メリットに関しては次にくわしくご紹介します。

不用品回収業者に依頼するメリット

タンスを不用品回収業者に依頼するメリットは大きく4つあります。

  • 早ければ即日回収に来てくれる
  • 自宅の中まで回収しに来てくれる
  • 大体どの地域でも回収可能
  • 家具が大きいといった理由で回収を断られない

できるだけ早く、手間をかけず、確実に回収して欲しい場合は不用品回収業者がもっとも良いのではないでしょうか?
あらかじめどんな大きさのタンスをいくつあるか、業者へ概算見積のお問い合わせしてみましょう。

【おすすめ記事】不用品の回収を業者に依頼するメリットとデメリット

不用品回収業者に依頼する際の注意点

不用品回収業者の中には残念ながら注意すべき悪徳業者が存在しています。

  • 格安をうたっていたが引き取り後高額費用を請求される
  • 回収したものを不法投棄している

このような悪徳業者に依頼しないために注意が必要です。

【関連記事】不用品回収業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

不用品回収業者を利用するのに向いている方

不用品回収業者を利用するのに向いている方のポイントは3つです。

  • できるだけ早くタンスを処分したい
  • タンスを自宅の外まで持ち運べない
  • 自分のペースで希望日に処分したい

仕事の休みの日が土曜日、日曜日しかなくて、粗大ゴミの指定日にはどうしてもタンスを処分できない。タンスが重くて自宅の外まで持ち運びができないといった方には多少高くても利用するメリットの方が大きいでしょう。

名取市の不用品回収はこちら

富谷市の不用品回収はこちら

多賀城市の不用品回収はこちら

タンスの処分方法は自分にあった方法をお選びください。

いかがでしたか?
今回は婚礼家具の処分方法について複数ご紹介しました。
今は婚礼家具を購入して結婚する場合は少ないかもしれませんが、大きく丈夫な作りをしている婚礼家具を処分するのはかなり困難です。
しかし、ずっと自宅に置いておくのは邪魔だと困っているのであれば、ぜひ今回ご紹介した処分方法を検討してください。
安いからといった理由で選ぶのではなく、家具は運べるのか、運べたとしても安全に運べるのかなども考慮して処理方法を選びましょう。

「不用品回収即日対応の片付けゾウ」でしたら、メールや電話で簡単に予約・見積もりが可能です。不用品が他にもある場合、無料出張見積もりも行っています!自分での不用品処分が面倒でしたら、ぜひ不用品回収即日対応の片付けゾウにご依頼ください。

片付けゾウは全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスと業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

千葉エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる