水槽の処分方法とは?水槽を処分する際の注意点も紹介

あなたの家には、処分に困った水槽はありませんか?
以前は魚や水生生物を飼っていたけど、いなくなってしまい水槽だけ残って処分に困っている方や、処分方法がわからない方必見です。
今回は水槽を処分する方法や水槽を処分する前に行うことについてくわしくご紹介します。
あなたの持っている水槽などの状態にあわせて、最適なものを選んでくださいね。

目次

水槽の処分方法

水槽の処分方法には主に5つの方法があります。

  • 粗大ゴミor不燃ゴミとして捨てる
  • リサイクルショップに持ち込む
  • フリマアプリに出品する
  • 知人に譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

今回ご紹介する処分方法の中には、自治体や店舗によってルールなどが微妙に違う場合があります。
処分する際には自分の自治体や近くの店舗はどうなのか、しっかりと調べてから処分するようにしてください。

粗大ゴミor不燃ゴミとして捨てる

多くは水槽を処分する際に自治体が回収してくれる、粗大ゴミとして出すか不燃ゴミとして出すかを選択する方が多いでしょう。

処分したい水槽が粗大ゴミか、不燃ゴミかの違いは主に水槽の大きさです。
多くの自治体では1辺の長さが50cm以上であれば粗大ゴミ、50cm以下であれば不燃ゴミとしてルールを定めています。
ただし、東京の場合は1辺が30cm以上が粗大ゴミ、30cm以下で不燃ゴミとして分けられています。このような差があるので、あなたの自治体はどういったルールで粗大ゴミと不燃ゴミを分けているかをまず調べましょう。
もし不燃ゴミに該当するのであれば、自治体指定のゴミ袋に入れて不燃ゴミの回収日に指定の収集場所へ出せば回収してくれます。
もし粗大ゴミに該当する場合は、以下の4つの手順でゴミを出します。

  1. 自治体のホームページなどから粗大受付センターへ申し込みを行う(この時水槽の大きさなどを聞かれます)
  2. コンビニなどでゴミ処理券を処理費用分購入する
  3. ゴミ処理券に必要事項を記入する
  4. ゴミ処理券を水槽に貼り付け指定日の指定された場所に水槽を置く

水槽の処理費用も自治体によってさまざまですが、数百円程度の場合が多いです。
また、破損している、割れてしまっている水槽を捨てる場合は不燃ゴミであっても新聞紙などで包んで安全面に考慮したうえで処分してください。
「割れもの注意」といった張り紙を貼り付けても良いかも知れません。
捨てる際にもゴミ袋を突き破らないように、注意してくださいね。

リサイクルショップに持ち込む

状態がきれいなのであれば、リサイクルショップへ持ち込んでみましょう。
買い取ってもらえるのであれば、その場で査定を行いすぐに買い取り金額を受け取れます。

しかし、あまりにも大き過ぎる水槽の場合は買い取ったとしても店側が展示スペースを確保できないといった理由で、買い取りを断られる場合があります。
店舗によっては処理費用を払えば引き取って処分してくれる店舗もあるので、一度店員に聞いてみましょう。
また、リサイクルショップなので、水槽の面が傷だらけやかなり汚れていると買い取ってもらえません。
リサイクルショップに持ち込む前には、一度きれいに掃除をして改めて傷の有無などを確認しましょう。
水槽の状態がある程度良いのであれば、一度最寄りのリサイクルショップに水槽の大きさを伝え買い取りは行っているのか聞いてみてもいいでしょう。

持ち運びが難しいような大きい水槽を買い取ってほしい、買い取ってくれるリサイクルショップを見つけた場合は、オンライン査定や出張査定と言った手段もあります。
出張査定は買い取りが決めればそのまま、リサイクルショップの方が持ち帰ってくれるのでとくに問題はありません。
ただ、オンライン査定で買い取りが決まった場合、その水槽をどうやってリサイクルショップまで運ぶかを検討しなければいけません。
郵送や配達も可能ですが、持ち運べないほどの大きな水槽を梱包できるかなどの問題も発生します。
なので、できれば出張買い取りをお願いし、買い取りの場合は持ち帰ってもらうのが良いでしょう.。

フリマアプリに出品

状態が良いものであればフリマアプリに出品する方法もあります。
査定をして買い取り金額が決まるリサイクルショップではなく、自分で値段を決められるフリマアプリの方が高値で売れる可能性が高い点がメリットです。
ただ、買い手が現れるまでは水槽をきれいな状態で保管しておかなくてはいけない、買い手がいつ現れるかわからないといったデメリットも存在します。

しかし、水槽は買い手が付きにくい商品です。
送料が高くなりやすい分、表示価格も高くなる傾向があります。
割れものである以上、ちゃんと梱包されていても割れずに手元に届くのかといった不安を持つ方もいます。
最近は100均などで比較的安価で手軽に水槽が買える時代です。
もともと安い場合などは、ほぼ売れないかも知れないと思っておきましょう。

また、買ってもらったあとの発送にもかなり注意が必要です。
水槽は基本的に全面ガラスのため、運送中に割れてしまう可能性があります。
折角買ったのに届いた時に破損していたとなってはクレームや低評価に繋がります。
念のため多めの緩衝材を入れておくと良いでしょう。
購入してもらった方に対しても、しっかりと緩衝材は入れるが万が一運送中に破損してしまうかも知れないといった旨を伝えておいた方がのちのトラブルを避けられます。
可能であれば返品を受け付ければ、買い手も安心して購入してくれます。

知人に譲る

もし水槽をほしいと言ってくれる知人がいるのであれば、譲っても構いません
しかしその際には状態をしっかりと確認してもらい、傷などがあれば事前にしっかりと伝えておきましょう。
そうすると、譲ってからの思わぬトラブルを避けられます。

また、知人がほしいと言ってくれるのであれば、そこに敷いていた砂利やポンプなどもすべてセットで譲っても良いでしょう。
もちろんこちらも、状態の確認や動作の確認をしてもらったうえで譲るようにしてください。

不用品回収業者に依頼する

最後にご紹介するのは、不用品回収業者に依頼する方法です。
不用品回収業者に回収を依頼をするメリットや不用品回収業者の選び方についてそれぞれくわしくご紹介します。
不用品回収業者の中には、残念ながら一定数悪質業者が存在します。
そういった業者を選ばないための業者選びに関しては慎重に行ってくださいね。

不用品回収業者に依頼するメリット

水槽を不用品回収業者に依頼するメリットは大きく4つあります。

  • 早ければ即日回収に来てくれる
  • 自宅まで回収しに来てくれる
  • 大体どの地域でも回収可能
  • 水槽が割れていても回収を断られない
  • 水槽本体以外の砂利やポンプも回収してくれる場合がある

引っ越しなどの日時が迫っており、できるだけ早く処分したいのであれば不用品回収業者がもっとも確実です。
飼っていた生きものによってはかなりの大きさになる水槽なので、安全に持ち運ぶ自信が無いのであれば、不用品回収業者の方に回収してもらいましょう。
不用品回収業者であれば、自宅内にある水槽でも業者の方が運び出してくれるので安全です。

不用品回収業者の選び際の注意点

不用品回収業者の中には、悪徳な不用品回収業者が残念ながら存在します。
インターネットなどでは格安引き取りをうたっているのに、実際に引き取りに来てもらったら高額を請求される場合があります。
引き取った水槽を正しく処分せず、不法投棄するような業者もいるので注意してください。

【関連記事】不用品回収業者の選び方【詐欺やトラブルなど悪質業者に注意!】

水槽を処分する前に行うこと

ここまで水槽の処分方法をいくつかご紹介してきました。
しかし多くの場合、処分したいのは水槽本体だけではない場合があります。
それぞれの部品などの処分方法も記載しておきます。

  • 底の砂利⇒少量ずつ不燃ゴミに出すか不用品回収業者に水槽ごと処分してもらう
  • エアポンプ(プラスチック製)⇒可燃ゴミ
  • エアポンプ(金属製)⇒不燃ゴミまたは金属ゴミ
  • 水槽証明⇒燃えるゴミ
  • 水槽フィルター⇒燃えるゴミ
  • 水槽用クーラー⇒燃えるゴミ
  • 水槽用ヒーター燃えるゴミ
  • アクアリウム用ろ過器⇒燃えるゴミ

このように処分できます。
とくに砂利ですが、砂利は自然物に分類されるため基本的にゴミとして処分できません。
そのため不燃ゴミとして少量ずつ出すといった方法を取ります。
自宅に庭があれば、砂利を撒いてもいいでしょう。

ただ、私有地以外の公園などで砂利を撒くと不法投棄として処罰の対象になります。
不法投棄は5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が適応されます。
決して所有地以外に捨てない(撒かない)ようにしてください。
しかし、詳細はそれぞれの部品の素材や自治体の分別ルールに従って捨ててください。
「これだけ分別するのはめんどくさい」「できれば一括で捨てたい」といった方もいるでしょう。
その場合は、一度不用品回収業者へ相談してみましょう。
不用品回収業者によっては、すべてまとめて一括で回収してくれる場合があります。

【関連記事】多くの不用品回収業者が回収できないものとは?

水槽の処分を一括で任せたいのであれば不用品回収業者へ

いかがでしたか?
今回は水槽を処分する方法や水槽を処分する前に行うことについてくわしくご紹介しました。
水槽本体だけではなく、砂利やポンプなどさまざまな部品もあわせて処分したいのであれば、一度不用品回収業者へ相談してみましょう。
不用品回収業者であればすべて一括で回収してくれる可能性があります。
粗大ゴミや不燃ゴミとして回収してもらうのであれば、必ず細かく分別したうえでゴミに出しましょう。
しっかりと分別が行われていないゴミは、回収されず残されてしまう可能性があるので、注意してください。

「不用品回収即日対応の片付けゾウ」でしたら、メールや電話で簡単に予約・見積もりが可能です。不用品が他にもある場合、無料出張見積もりも行っています!自分での不用品処分が面倒でしたら、ぜひ不用品回収即日対応の片付けゾウにご依頼ください。

片付けゾウは全国展開の上場企業株式会社テンポスホールディングスと業務提携!皆様により良いサービスをお届け致します。

不用品回収の即日対応なら片付けゾウまで

宮城仙台エリアの不用品回収はこちら

千葉エリアの不用品回収はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる